DUNE libartane

From Gallery Naruyama

ANTWAN HORFEE

路上で作品を素早く仕上げなくてはいけないグラフィティーのライターであったアントワン・オルフィーは意外な事にエコール・デ・ボーザールで、まずは古典主義的作品の制作方法を学んだ。

 

描きたいという衝動は、街中の壁からキャンバスへと支持体を変え、イメージは抽象的な表現の中にキーワードとなる具体的なモチーフや文字、アイロニーが織り込まれており、ユーモラスな実験の様である。

 

コンセプチャルアートに対するアンチテーゼでといえる、沸き上 がって来るイメージをスピーディーにそのまま描くスタイルは、過去の経験を元にしたテクニシャンである彼の成せる技であろう。

 

現在フランス、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本のコンテンポラリーアートを扱うギャラリーで展示を行っている。

 

Horfee is a former graffiti artist who felt the need to complete his works quickly. He nevertheless studied genuine techniques at the prestigious École nationale supérieure des beaux-arts de Paris

 

Now Horfee has changed his medium, and after outdoor public spaces, he likes to express his imagination on canvas instead.
Horfee combines different elements such as characters or motives that are used as keywords, introducing irony and humor in his artworks.

 

Horfee uses the most creative and spontaneous intervention and expresses it swiftly using his graffiti artist’s skills.
His approach in creating artworks is therefore very distinct from the so-called conceptual art.

 

Horfee is presented in contemporary galleries in France, in the USA, in the UK, in Germany and in Japan.

PHOTOGRAPHED BY CHIKASHI SUZUKI

All Images courtesy by Gallery Naruyama