DUNE libartane

CHANCE LORD INTERVIEW

その人にとって良いか悪いかは決めて欲しい。中間はいらないね。

どんな幼少期を過ごしたか教えて下さい。

 

CHANCE LORD(以下、C):今とは違う世界だよ 。70年代、80年代、90年代が俺の時代さ。最高だったよ。警察もあまりいなかったし。俺はただの不良で、カルチャーって呼ばれるものは全てやったよ。でも全てはグラフから始まったんだ。小さいときから絵を描いていたが段々と描かなくなって、グラフの世界に入ったんだ。

母親もアーティストと聞いていますが、影響を受けていますか?

 

C:確実に受けている。昔は良く、母が絵を描いているのを何時間も見ていたよ。今思えば、俺らはスタイルが似てるね。60年代だったから、サイケデリックな絵を描いていた。今はあまり絵を描いてないけど、アブストラクトな絵を描くようになっているね。

 

美術学校などには行きましたか?


 

C:いいや、学校はあまり行ってなかった。美術のクラスがあって良く出来たけど、つまらなかった。高校では完全にドロップアウトして、絵を描くことも少なくなったんだ。とにかくグラフに夢中だった。今は反対で、グラフはつまらなくなって、また絵を描くようになった。何年かはそんな感じが続いているよ。

 

グラフィティはいつから始めたのですか?

 

C:小学校のときから。その時代にNYで育っていたら、それが普通だった。みんなタグを持っていたし、俺も何個かタグを持っていたときもある。初めてのタグは87年ぐらいで、91年から本気でやり始めた。

あなたの作品には数多くの顔が登場しますが、今までマスクや彫刻にしたことはないのですか?

C:実はマスクが好きで、100個ぐらい持っている。特にCollegevilleのマスクや80年代のキャラのお面を集めているよ。これらのマスクや外でたまたま見かけたキャラクターの顔とかから、インスピレーションを受けている。だけど、今まで自分のキャラクターのマスクは作ったことが無いね。是非作ってみたいよ。

 


どのように作品を作っていますか?また作品を通して、伝えたいことはありますか?

 

C:普段絵を描くときは、最初に紙を準備してから、4〜5個のことを同時に描くんだ。面白い夢を見たときは、起きてアイディアをメモするときもある。最近はカラフルなペイントを使うことが多い。絵を見た人が何かを感じれば、それでいい。ただ、その人にとって良いか悪いかは決めて欲しい。中間はいらないね。

他の作家などから影響を受けていますか?

 

C:田名網敬一にはかなり影響を受けてる。日本自体が俺のインスピレーションの一つだよ。何回も行っていて、行く度に文化を吸収しているね。NYと東京が俺にとって世界中で一番影響を与えてくれる街だよ。他の作家をあげるなら、William Klein、森山大道、横尾忠則、Basil Wolverton。今の作家ならほとんど友達になっちゃうけどTodd James, ESPO, Erik Parker。それに30年代の漫画とスケボーのグラフィックからは、大きく影響を受けている。だから俺は古いヴィンテージのスケボーステッカーのコレクターなんだ。

多くのライターがアーティストに転身していますが、どう思われますか?

 

C:“アーティストになったライター”と見られても平気だよ。グラフは俺の人生を注ぎこんできたものだったから、今のグラフィティにはあまり興味がない。グラフィティデザインのスニーカーやリュック、グラフィティの書き方のウェブサイト。今のグラフは流行り過ぎて、もはやサブカルチャーでもない。俺はキャンバスなんかには描きたくない。昔はグラフを描くには時間がかかったんだ。年上の友達とつるんで、少しでもグラフのことを聞ければラッキーと思ったぐらいだ。当時は皆そうやってグラフの世界へ入っていったんだ。だから自分にとってはグラフィティとアートは別物だよ。

今まで作品を発表しなかったのは何故ですか?

C:インスタグラムは大事な入り口だった。インスタグラムに作品を載せるまで、多くの人は俺の作品を知らなかったんだ。そこから色んなチャンスが生まれて、今ではアートワークなどを結構売っているよ。その後Alldayeverydayから個展の話がきて、それに合わせる形で1年ぐらいかけて本を作ったんだ。本を作ることが決まってから、絵を描くインスピレーションがもっと湧いてきた。本が段々と完成に近づくにつれ、自分のスキルも一緒に上達していったよ。

「Lunatics of Assorted Flavors」とは?

C:数えきれないほどタイトルは考えたよ。ミュージシャンがアルバムをリリースするのと同じみたいなものだね。常にショーのタイトルや本のタイトルは考えている。俺の描いているキャラクターは気が狂った奇人たちなんだ。それも特定の人ではなくいろんな人種がいて、当然肌の色も違う。黒人、白人、アジア人、ラテン人など、ラインナップも世界中からだよ。

INTERVIEW BY RIBO, MASAKI NAITO
PORTRAIT BY JEFFREY SHAGAWAT
インタビュー リボー、内藤正記
ポートレイト ジェフェリー・シャガワット